ボランティア活動へ参加するには

医師や看護師または医療関係の資格を持っていないけど、医療に関わりたいという方でも赤十字のサポートに関わることができます。赤十字社ではボランティアを募集していて、ボランティア内容は様々な内容がありますが、その中でも災害時の救護がありますが、医療は医師または看護師の資格を持った者が行いますが、炊事や洗濯などのお手伝いをメインで行っているので一般の主婦にもできる内容です。

参加するには赤十字社で定期的に行われている講習会に参加して説明や受ける必要がありますが、講習会に参加できる方なら、どなたでも参加が可能です。ただし、ボランティアなので現地までの交通費などは実費です。ボランティア中に起きたトラブルなどは全て現地のリーダーの責任になります。リーダーを務める者はトラブルが起きた際には速やかに対応しなくてはなりません。

ボランティアには団体で登録できますが、個人でも登録ができるので興味がある方は赤十字社に問い合わせてみるといいでしょう。災害ボランティアは二次災害の防止のために派遣されているのでトラブルなどはあってはならないのです。それだけ責任の重いボランティアなので安易な興味で勤まるようなボランティアではないことを頭に入れておいてください。活動中にはリーダーに指示に従うことによってトラブルを未然に防ぐことができます

。阪神大震災の時も災害ボランティアが活躍しましたが、参加者は無給で各自の役割を果たしていました。困ったときに助けてくれる人は大変ありがたい存在です。誰かの為になる、そんな喜びをぜひボランティアで経験してみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です